auが格安プランを発表

auがスマホ料金の値下げを発表したけど、結局格安スマホには勝てないですよ。

目次

UQモバイルが1番良いと思います。

auが値下げ?

auが値下げを発表しましたね。

一応、最低月額料金¥1980~という事ですが・・・


ちょっと詳しく見てみましょう。



今回は、2つの新しいプランが発表されたんです。



・ピタットプラント

・フラットプラン



の2つです。



ピタットプラン


ピタットプランは、24時間国内電話かけ放題+1Gバイト以下の通信容量なら月額¥1980。



簡単に言えば、

1Gバイト以下のインターネット通信容量+電話かけ放題で¥1980って事です。


3Gバイト以下の通信容量なら¥3,480。


もう、この時点で格安スマホに完敗ですけどね。



フラットプラン

最安値フラットプラン20は、月の通信容量が20Gバイト以内だと月額¥4500って事です。


20Gバイト以上インターネット通信を使う人は、更に上のプランが用意されているようです。

決して、使い放題ではないという事ですよー。


これだと、WIMAXのモバイルルーターを契約したほうが圧倒的に安くなります。

詳しくは>>こちらの【WIMAXモバイルルーターを持っていれば5000円以下でインターネット使いたい放題】で。


au が新プランを発表

20ギガバイトまでの利用で月額6500円、30ギガバイトまでで月額8500円の固定制の新プラン「auフラットプラン」も14日から提供を始める。こちらも固定インターネットとのセット割引やキャンペーン適用で、20ギガバイトまでで月額4500円、30ギガバイトまでで月額6500円となる。

もう遅い

遅いですよー。

私はもうすでにMVNOのUQモバイルに乗り換えていますからね~。


auの子会社ですが、

今回の値下げの事について特に話し合ってはいないようですが・・・


まあ、本当のところはどうなのかは分かりませんけどね。



将来、UQモバイルがauの親会社になることだってあり得ますよ~。


あと数十年したら、インターネットやスマホ、PCの事が良く分からない人達が引退しますからね。

そうなった場合、ちゃんと情報を取っている若い世代は、

完全にUQモバイルのような格安スマホを使っているでしょうからね。


まあ、その時は格安スマホなんて呼ばれていないでしょうね。


なぜなら、それが普通になっているからです。



格安スマホにはかなわない

auが値下げしましたが、

結局、一般ユーザーには分かりにくい料金プランですよね。



そもそも、通信容量が1Gやら3Gやら、分かっていないユーザーがほとんどなんですから~。


「1G以内ならいくら!」

「20G以内ならいくら!」


と宣伝したところで、ほとんどの人が分かっていない状況です。



一応、スマホは使っているけど、

インターネットの仕組み、

通信容量、

電話とLINE電話の違い、

キャリアメール、Gメール、の違い、

何を見たら通信容量が沢山必要なのか?


って事を分かっていない人がほとんどです。




世の中、そんな人達ばかりなんですから、

もっと分かりやすくて使いやすい料金プランを考え付くでしょ~って思いますけどね。


まあ、まだ情報弱者から搾取し続けるつもりなのでしょうけどね。


いつもの騙しテクニック


結局のところ格安スマホには価格的に全くかなわないんですよ。



UQモバイルが3Gバイトの通信容量+5分以内電話かけ放題で、月額料金が¥1980です。




今回auが出した最新料金プランで最安値の設定にした場合、

24時間電話かけ放題+1Gバイト以下のインターネット通信=月額料金¥1980


3Gバイトの通信容量だと、月額¥3,480 ですからね~。



さらに、まだ真相は分かりませんがなんやかんやオプションを付けさせられて、

2年後には実質値上げって事になりかねません。


キャリアの常套手段ですから。


+機種変更の時が怖いです。


いつもの分割払いを月額料金に仕込むやり方。

途中解約したら、

凄い解約料金が掛かるあれです。



まとめ

結局、

au、docomo、softbank、では格安スマホには勝てないという事です。


どう頑張っても、UQモバイルには今のところ勝てません。



今回のauの値下げ発表ですが、

結局のところ、

「ああああ、また、いつものねっ」

って感じになっちゃってますから~。